中国語学習とバイリンガル育児のブログ

中国人夫を持つ日本人妻が書くブログ。日中ハーフの一人息子は2歳

中国語懐メロソング紹介④少年時代

こんにちは。

昨日に引き続き、本日は中国人の主人が口ずさんでいた中国の懐メロソングを紹介します。

台湾人歌手 罗大佑の1982年発売

「童年」(=少年時代)です。

 

歌はこちら

https://youtu.be/mRKTOZmX2cE

 

それでは対訳していきます😊

 

池塘(chi2tang2)边的榕(rong2)树上

池のほとりのガジュマルの木の上で
知了(zhi1liao3)在声声叫着夏天

セミジージーと鳴く夏

操场(cao1chang3)边的秋千(qiu1qian1)上

運動場のブランコの上には
只有蝴蝶停在上面

蝶々だけが停まってる
黑板上老师的粉笔

黒板に先生がチョークで

还在拼命叽叽喳喳写个不停

ずーっとコツコツ文字を書いてる

等待着下课等待着放学

早く授業が終わるのを待って、下校を待って、
等待游戏的童年

ゲームするのを待っていた少年時代


福利社(fu2li4)里面什么都有

購買には何でもあるけど
就是口袋里没有半毛钱

ポケットには一銭もない
诸葛四郎和魔鬼党

「諸葛四郎」と「悪魔堂」※台湾の漫画
到底谁抢到那支宝剑

誰があの宝の剣を手に入れたのかな
隔壁班的那个女孩

隣のクラスのあの子は
怎么还没经过我的窗前

どうしてまだ窓の前を通らないんだろう
嘴里的零食手里的漫画

お菓子を食べて、漫画を読んで
心里初恋的童年

初めての片想いをした少年時代


总是要等到睡觉前

寝る前になっていつも
才知道功课只做了一点点

宿題を少ししかしていなかったことに気づく
总是要等到考试以后

試験が始まってから
才知道该念的书都没有念

勉強すべき範囲を勉強してなかったことに気づく
一寸光阴一寸金 

「わずかな時間でも一寸の金に等しい」
老师说过寸金难买寸光阴

先生は「お金で時間を買うのは難しい」と言ってた
一天又一天一年又一年

毎日毎日、毎年毎年、
迷迷糊糊的童年

ぼんやりとしてた少年時代


没有人知道为什么

どうして太陽があの山の方に沈むのか
太阳总下到山的那一边

誰も知らない
没有人能够告诉我

山の中に仙人が住んでいるかどうか
山里面有没有住着神仙

誰も僕に教えてくれなかった
多少的日子里总是

一体何日間のあいだ
一个人面对着天空发呆

一人で空をぼうっと見上げていたんだろう
就这么好奇就这么幻想

こんな風に好奇心一杯で、こんな風に夢一杯で
这么孤单的童年

こんなに孤独だった少年時代


阳光下蜻蜓飞过来

太陽の下 トンボが飛んできた
一片片绿油油的稻田

あたり一面緑の田んぼ
水彩蜡笔和万花筒(wan4hua1tong3)

水彩絵の具とクレヨンと万華鏡で
画不出天边那一条彩虹

あの空の虹は描ききれない
什么时候才能像高年级的同学

いつになったら高学年の同級生みたいに
有张成熟与长大的脸

大人っぽい顔になれるのかな
盼望着假期盼望着明天

長休みを楽しみに、明日を楽しみに、
盼望长大的童年

大きくなるのを楽しみにしていた少年時代


一天又一天一年又一年

毎日毎日、毎年毎年
盼望长大的童年

大きくなりたかった少年時代

 

先日の歌より歌詞の内容が難しいです😰

何気ないことを歌っているのですが、

聴いていると切なくなるような少年時代の歌です。

良ければ聴いてみてくださいね🌈

 

f:id:papa613:20190801225624j:image