中国語学習と育児のブログ

中国人夫を持つ日本人妻が書くブログ。日中ハーフの一人息子は2歳

双子の母の介助ボランティアに行ってきました

先日、マドレボニータという産後ケア教室の、

双子の母の介助ボランティアに行ってきました。

 

マドレボニータ産後ケア教室

https://www.madrebonita.com/class-care

 

この教室は、バランスボールを使った有酸素運動のあと、グループワークをする、という週一✖️4回のプログラムになっています。

生後210日までの赤ちゃんは帯同可能です。

 

また、産後ケアバトン制度といって、

ひとり親、多胎児の母、障がいのある児の母、早産児・低出生体重児の母などの受講料を補助する「産後ケアバトン制度」を運営しています。

 

私は、この教室のOBなのですが、

この度、前からやってみたかった、

双子の母の介助ボランティアを行いました。

 

久しぶりの新生児を世話してみて、

赤ちゃんの可愛さと、新生児のお世話の大変さを思い出しました。

他人の子どもは可愛いけど、

自分の子どもの世話は大変です😰

 

また、今回、前にもこのブログで触れた産後ドゥーラさんもボランティアとして参加されていたのですが、

自分は育児の経験者ではあっても、

育児のプロではない、と痛感しました。

出産も子育ても親も子どもも、

当然ながら実に人それぞれです。

 

育休中、家に引きこもり、

ずっと子どもと自分二人だけだと、

煮詰まってきます。

 

私は産後4ヶ月くらいでこの教室に参加しましたが、

良い仲間もでき、体力も回復して、

参加して本当に良かったです‼️

 

このような教室がもっと普及するといいなと思っています❣️

f:id:papa613:20190626080257j:image