中国語学習とバイリンガル育児のブログ

中国人夫を持つ日本人妻が書くブログ。日中ハーフの一人息子は2歳

アメリカに住む夫の親友夫婦との会話

中国人主人の親友は、家族で永住権(グリーンカード、绿卡.lv4ka3)を得て、アメリカに住んでいます。

元々夫の親友の祖母が永住権を持ってアメリカに住んでいて、息子夫婦、そして孫である夫の親友を呼び寄せ、更に夫の親友が妻を呼び寄せました。

呼び寄せるには、とても長い時間待たなければならず、親友の奥さんは、少なくとも一年以上夫婦離れ離れの生活をしていました。

とても辛かったと思います。

 

そんな親友夫婦にも、我が家の一年後に子供が生まれ、子育ての話でも時々チャットしています。

 

先日子供の写真を送ると、

「神情(shen2qing2)」と鼻がうちの主人に似ているとのこと。

神情は、表情、顔つきという意味です。

 

生まれたばかりの頃は中国人義父にソックリだった我が子は、だんだん私に似てきたと思っていましたが、まだ主人にも似ているようです。

私の母の小さい頃の写真にも似ているし、私の妹にも似ている。

子どもってみんなに似るのですね笑

 

他にも子育てトークは続き、

寝返りは「翻身(fan1shen1)」

夜泣きは「夜里哭泣(ye4li3ku1qi1)」

と言うことを学びました❣️

 

今うちの主人は、資格取得のため受験生なので、

「あなたは一人で子育てしてるの?見習うわ!」

と言われましたが、

「いやいや、義父母や私の実家にも手伝ってもらってるよ〜、子育てはみんなでやらないとね。」

と会話しました。

 

以前にも述べたように、中国では祖父母が子育てをフルサポートするのが当たり前。

日本ではワンオペ育児なんて言葉もありますが、

ワンオペ育児は辛すぎる。

中国を見習うべきところもあると思います。