中国語学習と育児のブログ

中国人夫を持つ日本人妻が書くブログ。息子は3歳

長谷川潤ちゃんのYouTubeでヨガしました

こんにちは。

今日は息子がお昼寝している間にYouTubeでヨガをしました。

私は、8月から吉川めいさんのvedaというヨガ教室のクラスをオンラインで受講していましたが、

国語学習で忙しくなったので、

有料クラスはやめにして、

YouTubeに載っている無料コンテンツを使ってヨガしていました。

 

本日vedaのYouTubeを見てみたらなんと‼️

長谷川潤ちゃんとのコラボ動画が載っていました✨

 

ハワイでヨガをする長谷川潤ちゃんと、

吉川めいさんの指導で、

ヨガをすることができました✨

すごく癒されました❣️

 

無料でこんなことが楽しめるなんてYouTubeはほんとにすごい。

 

皆さんもぜひ、試してみてください❣️

Glenwood Yoga x Veda Tokyo【癒し】日本語版

https://m.youtube.com/watch?v=cEiLILGJa7g

積み立てNISA始めました。

こんにちは。

今年の目標の一つだった積み立てNISA、

やっとはじめました☺️

 

まずは口座を開設したりしないといけなかったので中々すぐに買えなかったのですが、

やっと始めることができて嬉しいです。

 

将来ハワイに家族旅行する目的の笑

ささやかな投資です🌴

 

貯めたお金で旅行するのが楽しみだなぁ😊

相撲は中国から伝わったもの?

こんにちは。

中国語やり直し中の筆者です。

 

本日、中国語検定の過去問を解いていたら、

「扑(日本の漢字だと相撲の「撲」)」

には、「突進して体を預ける」という意味があるとありました。

 

撲という漢字の意味から考えても、

相撲という競技は正に、お互いに突進して体を預けるものなので、

相撲は中国から来た言葉だったのだな、と感じました。

 

辞書を引くと、

秦・漢(前771〜後220)の時代には「角抵」と言ったが、

南北朝時代(420〜589)から宋・元の時代(960〜1368)に「相扑(日本の漢字だと相撲)」と言う日本の相撲によく似たレスリングに似たスポーツがあったとのこと。

 

日本の相撲は、

角力←これも中国語のかつての相撲の呼び名、角抵に通じる気がする」とも書き、

弥生時代(前300〜後300)から発生したとあったので、時代的に恐らく、大陸から伝わってきた競技なのだろうなぁ、と感じました。

 

こんな記事を見つけました

https://spc.jst.go.jp/experiences/change/change_1002.html

 

さて、

日本の国技である相撲ですが、

筆者はこれまで相撲に興味がなく、

「相撲を説明せよ」と言われても上手くできません。

辞書にちょうど、

相撲を日本語と中国語で説明する文章が載っていたので、

これで今後説明できるようにしたいと思います‼️

 

日本の文化を日本人が説明できなくては!ですね😓

 

 

 

好きなことをするだけで尊敬される。

こんにちは。

突然ですが、筆者は中国語だけが取り柄です。

先日、中検スピーチコンテスト通訳部門に参加し、

FacebookTwitterで報告したところ、

友人からも、そうでない方からも、

「尊敬する」と何度か言っていただきました。

 

私は夏頃から自分の心を分析?してきたのですが、

「誰かに尊敬されたい」という気持ちが私の中にあり、

それにより誰かを妬んだり、

落ち込んだりしていることに気付きました。

 

そして、「誰かに尊敬される」ためには、

尊敬されるような職業に変えたり、

そのためにはまず学歴をあげたり、

色々大きな変化が必要だと思い込んでいました。

 

しかし、私は、ただ自分の趣味である中国語を勉強して、

ちょっと勇気を出してスピーチコンテストに参加しただけで、

誰かから「尊敬する」と言ってもらえたのです。

 

まず、他人からの尊敬を求める前に、

自分が自分を尊敬しなければならないということは何となく分かるのですが、

小さい時から自分を尊敬してこないと、

中々簡単に自分を尊敬できません。

自分をどうやったら尊敬できるのか最早根本から分からない状況です。

「何かを頑張らないと自分は尊敬に値しない」と刷り込まれているのです。

小さい頃から「自信のなさ」だけを積み上げてきました。

 

たしかに私は今回頑張りましたが、

別に驚くような高い学歴を手に入れたわけでも、

立派な仕事についたわけでもなく、

ただ隙間の時間で好きなことをしただけで、

何人かの人に「尊敬する」と言ってもらえたのは驚きでした。

 

あんなに私が手に入れたかった、

手に入らないと思い込んでいた「尊敬」は、

もう手に入ったのです。

 

うまく書けないのですが、

尊敬されたいという気持ちがある人は、

好きなことを極めてみてください☺️

尊敬は案外簡単に手に入るものなのかもしれません。

 

 

中検準一級再チャレンジへの道③〜リスニングも難しい

こんにちは。

筆者は10年ぶりに中検準一級に再チャレンジしています。

先日、迷った挙句、3月末の試験、申込みました☺️

自分を追い込まないと勉強できないのと、

今の自分の立ち位置を確認して、今年度中の合格を目指そうと思ってのことです。

 

ところで、先日「リスニングは楽勝」的なことを書きましたが、

2009年の第66回の過去問を解いたところ、

撃沈でした😓

選択問題でいくつかミスすると致命的、

書き取りもいくつか単語を知らないとどんどん減点になりそうです。

 

選択問題は

「本文と合わない内容、合う内容を選択せよ」

と言う問題で、合うのを選ぶか合わないのを選ぶか間違わないように注意です😓

集中して聞けば選択問題は難易度はそこまで高くないので、集中力の問題かと思います。

 

漢字の書き取りもやっていかねば。

 

筆記に加えリスニングも怪しくなってきましたが、

今年度中に合格するのだ‼️

中検準一級再チャレンジへの道②〜間違い分析

こんにちは。

中検準一級過去問の筆記問題に撃沈し、

モチベーションを失いつつある筆者です笑

 

今年中に合格すると決めたのだから、

落ち込んでばかりもいられませんので、

間違い分析を行いました。

 

間違いパターンは以下のように分けられました。

①語彙力不足

…選択肢に出てくる単語の意味を知らない。コロケーションが分からない。特に書面語が出題され、苦手なので、書面語を学ぶ必要がある。

 

②慣用表現の知識不足

…四字熟語、諺の類です。

 

③文法構造が見抜けない

…中→日翻訳におけるミス。

 落ち着いて文の構造をよく考えてから訳せばできるかも。

 

④答えを読んでもなぜ間違ったのか分からない

…こういう問題はもう運に任せるしかない感じがします。ネイティブの語感不足、とでも言いましょうか。

 

中でも圧倒的に点数配点が多いのは、

①の語彙力のように思います。

語彙力不足を解消するには?

精読、多読、音読、読書…全て??

単語は無限にありますから、

短期間で飛躍的にアップは絶望的??

 

こうしてモチベーションダウン。

仕方なくアルクから出ている中国語検定トレーニングブック準一級、一級の筆記編を購入しました。

昔は準一級、一級用の対策本は無かったのに、2014年に出版されていたのですね。

中国語は中上級になると問題集も中々ありません。

この本を3回繰り返し対策します‼️

 

 

 

中検準一級再チャレンジへの道〜筆記試験は難しい

こんにちは。

筆者は今、10年ぶりに中国語検定準一級に向けて勉強を始めたところです。

 

先日、2009年の過去問を解いてみたところ、

リスニングは10年前も今も合格点を突破できるのですが、

筆記の方が、難しいです。

75点の合格ラインのところ、大体60点代くらいしか取れません。

平均点も61点でしたから、おそらく準一級に挑戦される殆どの方は、同じような感じなのでしょう。

 

私は中国留学1年、就業3年で中国滞在歴は4年です。

その他大学で4年間勉強をしていましたから、

少なくとも10年くらいの学習歴があります。

それでも難しいです😭

HSKは一応新しい制度では最高級6級に相当する旧9級を持っているのに。です。

 

日常生活、一般的なビジネスでは殆どお目にかかったことがないように思われる文法・語彙問題が出てくるからと思われます。

 

ひとつだけ、

これまで最も苦手だった日→中翻訳問題ですが、

中検スピーチコンテストの訓練の成果?で、

今までのように頭を抱えて解く、ということにならず、

比較的すらすらとそれなりの回答ができるようになりました。

 

これからはひたすら筆記対策を行なっていく必要があります。

もともと、3月末の中検を受けようと思っていたのですが、

あと1ヶ月で筆記の合格ラインに達するかどうか分からないので、

申し込むか悩みます。

2月25日が申し込みの締め切りですから、

あと少し悩みます。

 

因みに、中検スピーチコンテストの出場参加賞として、1回の無料券は6月か11月の回で使えるとのことで、

6月か11月には必ず受験します☺️

 

その他、審査員特別賞の賞品として、

沢山の書籍をいただきました。賞金もいただけるそうです。

とてもありがたいことです。

中検受験費用および対策本購入費に充てさせていただきます。

 

f:id:papa613:20210217124442j:image

3月の中検どうしようかなぁ。見込みが低いのに受けない方がいいか、中検スピーチコンテストの波に乗ってこのまま猛勉強してチャレンジするか、悩みます…